路面下空洞問題に関して道路管理者、下水道管理者などのインフラ管理者がそれぞれ の視点から空洞問題を議論し情報を共有する貴重な機会となりました。
パネルディス カッションに先立って会場の皆様から多数の質問をいただき、時間が足りないほどで した。
このような知見・経験・情報の共有はたいへん有意義であるという認識が確認 され、本連絡会の継続的な開催を合意しました。

連絡会の参加者数一覧
日程内容参加者
11月13日(水)講演169名
意見交換会78名
11月14日(木)見学会102名
シンポジウム プログラム
・路面下空洞の実態と陥没対策(東京大学 桑野玲子)Download
・路面下空洞対策における国の動向(国土技術政策総合研究所 渡邉一弘)
・福岡市における路面下空洞対策の取り組み(福岡市 秋山仁孝)Download
・札幌市の路面下空洞対策(札幌市 能代卓己)Download
・神戸市における路面下空洞対策の産官学協働研究の紹介(神戸減災研究会会長 澁谷啓 代理:神戸市 町田博之)Download
・下水道管理者からみた空洞対策(藤沢市 張ヶ谷昌彦)Download
・実物大試験道路の紹介(埼玉大学 桑野二郎)
・意見交換会

実物大試験道路見学会 プログラム
・実物大試験道路と陥没試験跡
・FWD試験(株式会社NIPPO)
・小型FWD試験(株式会社NIPPO)
・空洞充填材デモンストレーション(住友大阪セメント株式会社)
・空洞探査車(ジオ・サーチ株式会社)
・手押し型地中レーダ装置(ジオ・サーチ株式会社)
・空洞内部カメラ調査(ジオ・サーチ株式会社)

「第1回 路面下空洞対策連絡会を開催しました」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。