開催情報

本日、決行いたします。
見学会、シンポジウムのオンサイト参加者の方は、受付で検温や注意事項のお伝えがありますので、お時間に余裕をもってお越しください。


第36回ICUSオープンレクチャー
第 2 回 路面下空洞対策連絡会
-合理的な道路陥没対策に向けた知見と経験の共有-


【主催】東京大学生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター
【後援】国土技術政策総合研究所(予定)、(一社)レジリエンスジャパン推進協議会
    埼玉大学レジリエント社会研究センター
現在日本全国で年間1万件超の道路陥没が起きています。今後一層懸念される道路陥没への対応策が、“都市の危機管理における路面下空洞対策戦略会議(2017年8月~2018年5月)”にて7つの政令市の参加により議論され、“維持管理は危機管理”であること、路面下空洞対策の先行都市の経験の共有を促進することが対策の加速化につながることが確認されました。全国の都市の成熟化が進み中小都市においても陥没対策が必要となる流れの中で、各都市の知見・データや経験を共有・集約し、それらを活用するプラットフォーム構築の実践を目指し、2019年11月13日に第1回路面下空洞対策連絡会が開催されました。今回第2回の連絡会を開催し、全国の陥没対策に関わる施設管理者間で知見と経験の共有と、今後の連携の在り方について議論をさらに深めます。

日時・場所

シンポジウム+実物大試験道路見学会

【日時】2020年12月3日(木) 11:00~12:00 実物大試験道路見学会
14:00~17:00 オンラインシンポジウム
【場所】実物大試験道路見学会 埼玉大学構内試験フィールド
    〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255 アクセスマップ
【案内ウェブサイト】このページ https://geo.iis.u-tokyo.ac.jp/2020/10/30/urcmlm2nd/
【オンサイトについて】
見学会に参加いただいた方は、埼玉大学構内の会議室からオンラインシンポジウムに参加可能です。

申し込み

※ 要申込み(オンライン300名、オンサイト80名:先着順)
申込フォーム(Click Here)
オンライン参加のみ締切延長 11/30迄
参加を希望される方は、上記申込フォームにて11/26までにお申込み下さい。
または、参加ご希望全員の氏名/ご所属/連絡先(メールアドレス)/実物大試験道路見学会orシンポジウムへの出欠
を記載の上、下記アドレスに11/26までにメールをご送信ください。
問合せ・参加申込送付先:吉本(icus@iis.u-tokyo.ac.jp、03-5452-6472)

12/3(木) 当日案内

実物大試験道路見学会

11:00~12:00 埼玉大学構内実物大試験道路

空洞探査、空洞充填、FWD試験、押し抜きせん断試験等のデモンストレーション(予定)
集合場所等、詳細は追ってご連絡します。当日の実施状況はYou tube liveで配信予定。

シンポジウム

14:00~17:00 オンライン(埼玉大学構内会議室)

司会:埼玉大学 桑野二郎
14:00 開会
趣旨説明・第1回路面下空洞連絡会のレビュー
路面下空洞の実態と陥没対策・国の動向 東京大学 桑野玲子
14:40 神戸市における路面下空洞調査結果分析の取組み       神戸大学 澁谷 啓
15:10 休憩
15:20 パネルディスカッション-成熟都市における陥没対策の経験の共有と今後の連携- 
コーディネーター:東京大学 桑野玲子  
パネリスト: 神戸減災研究会会長 澁谷啓(神戸大学)
福岡県 県土整備部  道路維持課 補修係長 今村吉弘
川崎市 総務企画局  危機管理室 担当課長 大村誠
千葉市 建設局土木部 土木保全課 主査 井上尚之
福岡市 道路下水道局 道路維持課 調整係長 秋山仁
16:50 実物大試験道路の紹介 埼玉大学 桑野二郎
17:00 閉会

前回開催時の情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です